忘れっぽいからここにおいてく。

忘れっぽいわたしが残しておきたい思い出やできごとを綴るためのブログ。

24歳、なげやりになって初めての街コンデビュー?

 

022.またひとつ経験値が増えるまで

 

ご無沙汰です。coaeです。

相変わらず忘れた頃に更新です。「細く長く」って良い言葉…(笑)

ひとまずわたしはひっそり生きてます。

 

そんなひっそり生きるわたしが、

発表会ではできる限り目立たず済む、でも楽器をたくさん触れて楽しい音楽隊にいたわたしが、街コンデビューしました。おそらく最初で最後(であろう)の貴重な記録を残します。

 

合コンだってひたすら逃げてきたわたし。(集団が苦手なんです。疲れるから。)

人生で一度だけ参加したことがあるくらい。

 

そもそもなんでそんな経緯になったのか。

きっかけは職場のお客さんでもあった友人との慰め会。

 

当時のわたしは、24年の人生で最も不毛な男女関係に一喜一憂、のめり込んでいました。約1年ほど、時間を棒に振った。今でこそ本当に思う、なぜあいつだったのか。今も人としては好きだけど、どうしてあんなに依存していたのか、もはや他人事のようです。

 

そんな自分に疲れていました。そしたら友人も同じく不毛な関係に疲れ、でもぐだぐだ抜け出せず、このままじゃやばいと思った彼女から、「FBでこの辺でも飲み会やろうみたいなイベントとか、街コン結構やってるらしくて、お酒好きの会とか楽しそうなんだよ!」と、地元周辺でやっているイベントのまとめサイト?巡りが始まりました。

 

寂しい女2人、ひたすら美味しいサングリアを飲みながら2人の日程と面白そうな内容を探す。

だがしかし、残念ながらこういったイベントはたいていが週末。わたしの仕事は週末こそ稼ぎどきの営業。しかも土曜日は全員出社デー。なかなか行けそうなものがなかった…。「美味い肉を持ち寄せよう」惹かれたな。。

 

そんな中、奇跡的にひとつだけ、しかも珍しく土曜日休みの日。

「某地方の青年部主催、フラワーアレンジとお食事で楽しみましょう」的な・・

すぐ2人の頭に浮かんだ。ナインティナインの某お見合い番組。あれ…?

 

これは、婚活?ですか?

 

そこから即会議。

出会いがあるのはそれはそれでいいが、結婚相手を探しているわけでも、正直自暴自棄なので、こういうのが行くと冷やかしになるんじゃないか。未知の世界すぎて、場違いだったらどうしようと勝手に色々妄想してました😓

 

でもなにより、そのときのわたしたちは自暴自棄だったのです。

もうなげやりです。

美味しいサングリアの勢いもあり、ポチッと。

 

これがわたしの初めての街コンデビューまでの経緯です。

これからどうなるのか、新しい経験に少しわくわくしていたわたし。

結果はいかに(^ ^)

 

f:id:RiRiwoo_navy:20180110141838j:image