忘れっぽいからここにおいてく。

忘れっぽいわたしが残しておきたい思い出やできごとを綴るためのブログ。

気ままにおんな一人旅。in東北 松島編

006.

 

Day1!宮城県 2/3 松島編。

 

JR仙台駅から電車で揺られること40分?くらい(うろ覚え)

いざ!日本三景、松島へ\(^o^)/

 

f:id:RiRiwoo_navy:20140908215450j:plainf:id:RiRiwoo_navy:20140908215613j:plain

 

・・・。 

あれっ・・・ぜんっぜん、人がいない。

松島って日本三景なんだよね?と思いきや松島観光のときは「松島駅」じゃなくて「松島海岸駅」なんですね(笑)ここを降りると遊覧船ののりばや水族館・交番・お食事処が色々と集中していて。でもこういうのも旅の醍醐味というか、ノープランのいきあたりばったりな感じが自分らしいなと思いつつ、「松島海岸駅」までお散歩がてら歩くことにしました。一人だしなんせ暇だし(笑)途中いい具合に謎の「新富山」、「松島の景色」、「国宝・瑞巌寺」を辿りながら迎えたのでラッキーでした!ウェッジヒールでキャリーを抱えて、坂道を上り下り2キロ以上歩くことになりましたけど(笑)でも全然つらくなかったしむしろ気持ちよかったなあ。天気が雨?曇り?って不安定な予報だったけど、比較的晴れてて恵まれた天気だったからかもしれない。

 

f:id:RiRiwoo_navy:20140908220934j:plainf:id:RiRiwoo_navy:20140908221051j:plain

f:id:RiRiwoo_navy:20140908221516j:plainf:id:RiRiwoo_navy:20140908221606j:plain

とにかく坂!と森!さすが杜の都!松島だけど(笑)森というか山?の途中途中にぽつん、ぽつん、と一軒家が建っていたのが印象的。なぜあんなところにって感じの場所に隣り合う家もなく建っていたりするのです。私には珍しい光景でした。あと途中スエード生地みたいな花に出くわしました。以前我が家の仏壇に上がっててすっごい気になってたやつ(笑)野生で見るときが来るなんて。思わず撮ってしまった一枚。

 

 

ひたすら写真に色々おさめながら500Mちょっと歩き続けると、新富山なるところに通りかかりました。

今までに増して坂が急だことと思いつつせっかくなので登ります。 

f:id:RiRiwoo_navy:20140908222444j:plainf:id:RiRiwoo_navy:20140908222354j:plain

 ご覧のとおり地面がガタガタでキャリーひきづらい。。。持ちながらせっせと登りました。せっかく仙台で一度降りたのだから荷物だけホテル預けときゃよかった(笑)

 

 

f:id:RiRiwoo_navy:20140908225852j:plainf:id:RiRiwoo_navy:20140908230043j:plain

途中から松だらけになっていきさらに登っていくと(といってもそこまで大きくはない山でした)、イギリス出身の詩人エドマンド・ブランデンの詩碑がありました。ここ以外にも仙台・静岡・広島に詩碑が建てられているそうです(Wikiによると 笑 )。

さらに上に登ると簡素な高台?(盆踊りの設置途中の土台みたいな具合にほんと簡素です。)があったのでそこからなら松島の景色楽しめるかもと思いあがってみました。

 

f:id:RiRiwoo_navy:20140908230930j:plain

f:id:RiRiwoo_navy:20140908231016j:plain

f:id:RiRiwoo_navy:20140908231112j:plain

うん。なかなかいい感じです。遠くまで見渡せたし、なによりこの辺はほんとに人がいなかったんです。新富山の入り口が見えたときに下山している自転車のおじさん2人組とすれ違ったくらいなので、この眺め独り占めだし穴場を見つけた喜びで通常時より2倍くらいのうれしさでしたね。ミンミンゼミとアブラゼミじゃなくてツクツクボウシの鳴き声がいいBGMになってました。真っ黒のでっかくてお腹あたりに黒いふわふわした毛の生えた蝶々やバッタ、ギンヤンマっぽい大きなトンボもいて自然感じたあ。

 

 

下山した後は瑞巌寺方面へ向かいました。今度は下り坂もありました。

瑞巌寺の敷地が近づくと蓮池が見えてきました。それを横切りながら道なりに進んでいくと・・・

f:id:RiRiwoo_navy:20140908231812j:plainf:id:RiRiwoo_navy:20140908232017j:plain

f:id:RiRiwoo_navy:20140908232209j:plainf:id:RiRiwoo_navy:20140908232228j:plain 

 

右手に 瑞巌寺への入り口が見えて仏像がお出迎えしてくれます。

すごい長い一本道が雰囲気あってよかった。一本道のほうからだと真正面に仏像があって瑞巌寺への入り口なのでよりわくわくしそう。。。

f:id:RiRiwoo_navy:20140908233031j:plainf:id:RiRiwoo_navy:20140908232946j:plain

 

ただ残念ながら現在瑞巌寺は大規模工事中だそうで完全に見せてないみたいです。 別の今まで見せてなかった建築物を開放してるそうですよ。私は瑞巌寺見れないのに入館料払う気は起きなかったのでスルーしました。

そういえば瑞巌寺は”寺”とつきますが、寺と見せかけたお城なんだそうですね。伊達政宗さんも居たそうで…ますます興味がわきました。いつかリベンジしたい。国宝だし(笑)

このお話はこのあと乗ることになる”るーぷる仙台”という観光バスの運転手兼ガイド?のおじさんが教えてくれました。他にも色々教えてくれたんですがもう忘れました←

 

 

とまあ瑞巌寺をスルーしてまっすく進み、お茶屋さんやお食事処・ベンチのある界隈を抜けて道なりにすすんで松島海岸駅へ向かいます。また結構歩きます。この辺になってくるとやっぱり観光客が多くて、カップルとか家族づれとかわちゃわちゃしてます。さっきまであんなに平穏だったのにと思いつつカップルや家族連れをスタスタと追い抜かしひたすら歩きます。松島海岸駅を目指して。

 

f:id:RiRiwoo_navy:20140908234640j:plainf:id:RiRiwoo_navy:20140908234753j:plain

松島海岸駅はとてもきれいでした。撮ったときはまだ人少ないですが電車が来る直前にはこのホームが人でびっしり埋まります。さすが日曜日。

このあとふたたび仙台に戻り、昼食をとって仙台市内を観光することにしました。

 

f:id:RiRiwoo_navy:20140908235104j:plain

ジブリ映画みたいな景色があったり。

 

f:id:RiRiwoo_navy:20140908235205j:plain

交番が小さいお城みたいな造りだったり。

 

f:id:RiRiwoo_navy:20140908235411j:plain

駅のホームからも少し松島の景色が楽しめたり。

 

 

松島は、森や山がまじかにたくさんあって、海もあって、たくさんの小島が浮かんでてきれいな風景がたくさんでした。今度行くときは遊覧船にのってもっと身近に松島の眺めを体感したいと思いました。

 

 

*・・Coae・・*